相続問題

相続問題でお悩みの方へ

「兄が法定相続分通りに遺産を分割してくれない」

「遺言書の内容に納得できないので、どうにかしてほしい」

「遺言書を残したい」「親に遺言書を書いてもらいたい」

 

相続問題は、親が亡くなった時に突然、表面化します。

そして、葬儀や法要、準確定申告や相続税の納付等、やるべきことは山積みです。

 

しかし、ここで慌てたり焦ったりして、不用意に動いてしまったり、当人同士が感情をぶつけ合うと、

「遺産分割協議書に押印を求められたが、説明も不十分だし、内容も納得できない」

「遺産分割協議がまとらない」

「親の生前に、親の財産を自分のものにしてたのではないか」

などなど、不信感・嫌悪感を有することになります。

そうなると、絡まった糸を引っ張った時のように、かえって収拾がつかなくなり、何年も対立したままということにもなりかねません。

 

また、もし調停や訴訟になってしまった場合でも、法律を知らずに、単に自分の主張を展開するだけでは、調停委員も裁判官も協力してくれません。

法律を知った上で、適切な主張を展開することが、自分の利益を守り、幸せな生活を確保することに繋がります。

逆に、法律を知らずに場当たり的な対応をしてしまうと、自分で自分の首を締めるようなことになりかねません。

 

そこで、トラブルが大きくなる前に、自分の利益を守れるように、専門家から客観的なアドバイスを受け、早期解決を図ることをお勧めします。

当事務所では相続・遺産分割に、特に力を入れて情報やノウハウの蓄積に努めており、皆様により幸せな「相続」をして頂けるようにご提案していますので、お気軽にお問合せ下さい。

The following two tabs change content below.

駒田英隆

代表弁護士さくら横須賀法律事務所
横須賀地域(横須賀市、逗子市、葉山町、三浦市)を中心に、会社及び個人の借金問題(過払い金回収、自己破産、民事再生、任意整理)、遺産相続問題、離婚問題、交通事故などの分野を中心に活動している弁護士。「一つ一つの相談、打ち合わせ、書面作成等を、相談者様、依頼者様に寄り添って、丁寧に、かつ迅速に対応すること」を心掛けている。

最新記事 by 駒田英隆 (全て見る)